東大寺大仏 大きさ








奈良の大仏様の大きさ、まずはそのお名前から。

正しくは、「盧舎那仏」というお名前の奈良の大仏様。

「太陽の光の仏陀」という意味だから、数ある仏様のうちのトップ。


14.7m、これが奈良の大仏様の大きさ、キングに相応しいサイズだね。

顔の長さだけでも、5.33mもある。

そんな大きなお顔で見つめられては、己の心の底にある小さな邪心もすっかりお見通し。







東大寺の大仏さんの大きさを調べようとは、あなたも好奇心のお強い方。

物質的な東大寺の大仏さんの大きさなら、お伝えするのは簡単。

大きさ(身長)14.98m、重さ(体重)250t。

鼻の穴の大きさが30cm、頭のパンチパーマのボコボコひとつひとつも30cm。

あなたが聞きたいのは、こういう表面上の、数値化された東大寺の大仏さんの大きさでしょう?





せっかくだから、別の角度から東大寺の大仏さんの大きさに触れてみようよ。

全国の修学旅行生が訪れる人数は、京都に次いで奈良が二番目に多い。

これはひとえに、東大寺の大仏さんを見ようとしてのこと。


奈良公園の東大寺は修学旅行生の大人気スポット、

普段は神社仏閣に興味関心を覚えない少年少女も、

奈良公園の鹿さんに鹿せんべいをあげて、楽しそうに笑っている光景が見れる。


修学旅行生だけじゃなく、奈良・東大寺には大人の観光客がいっぱい。

奈良のホテルは国内外の観光客で混んでおり、その経済効果たるものは計り知れない。

多くの観光収入と関連する雇用を発生させ、奈良の経済活動に好影響を及ぼしている。







もしも、東大寺の大仏さんが鎮座していなかったら、この人の流れは奈良に向かっているの?

そういう面での東大寺の大仏さんの大きさって伝わるかなぁ?

東大寺の大仏さんの大きさは目に見えるサイズだけじゃなく、存在自体の大きさ。


そんなことを想いながら、東大寺の大仏さんに逢いに東大寺南大門から続く参道を歩いて行こう。

先人たちが引き継いできた文化の粋、今も昔も奈良を経済的に護ってくれる。

きっと14.98cmの身長だけじゃなく、もっと他のところに本当の大きさがある大仏さんだって気付くはず。


仏像に興味がない修学旅行生たちも、東大寺の大仏さんの大きさを目にしたら理屈なしに誰もがびっくり!

大きいことは誰にでも伝わるシンプルかつクリティカルなメッセージ。