アメリカ 芝生








ただ緑が並んでいても美しいとは言えない

芝生でなければダメ、そう、アメリカではタンポポや雑草が混じった芝生は落第者の印。

あっ、それは世界どこでも同じか。


天然モノの芝生を愛するとLOHASを気取って除草剤を捲かずにいようものなら、

数か月後にはアメリカの庭は青々とした芝生からタンポポ畑に、雑草畑に姿を変えてしまう。


近隣の人たちは眉をひそめるよ。

オマエの庭の雑草は、次には隣の家の庭に雑草を広める。

アメリカの勝者の証のひとつ、庭のキレイな芝生。

手入れは近所付き合いにお影響する。

誰ももう芝生の雑草取り、芝刈り機に無関心ではいられない、アメリカの一戸建ての家では。





そこで売られているのが芝生を注ぎ足すキットだ。

Grass Seedsと書かれてあるから、そのまま芝生の種。

フサフサしていなくて、毛の寂しくなった芝生スペースがあればこの芝生の種を捲き、多めに水を与える。


春から初夏までが芝生を育てるベストシーズン。

一週間もすればそこそこに根付き、芝生の穴は埋められる。

定期的な芝刈りだけではないアメリカの芝生文化

雑草が定着しないように除草剤を捲くし、雑草はスコップで根元から手作業で取り除く労力を惜しまない。





金をかけて広い庭のある家に住み、時間をかけて庭の芝刈りをし、芝生が痩せ細らないよう手入れをする。

それができる人がアメリカでの成功者?

見栄を張り合うことのアメリカ版?

実利がない = アメリカ人全般の趣味なの?

どう考えても僕を頷かせる答えにはならなくて、ただアメリカの芝生文化が僕を動かし、

緑豊かでワサワサとした芝生の養生に向かわせる。


芝生の種をウォールマートで安く大量に買って、雨の降る直前にハナサカじいさんのようにあちこちにバラまけばいいんでしょ。

安直な僕の考えはきっと間違っているのだろう、アメリカの芝刈りを体得する僕の試みは続いている