奈良の大仏の大きさ








かえすがえす、奈良の大仏の大きさには、聖武天皇の鉄の志を感じる。


743年に造る詔を出してから、実際に東大寺で奈良の大仏が完成したのは752年。

計画を経て、鋳造の工程だけで5年がかり、費用はおよそ15億円という、当時としては天文学的な数字。

奈良の大仏の大きさは14.98m。

耳の長さだけでも2.54mあるなんて、まさにビッグボーイ・奈良の大仏


滋賀の紫香楽宮で、聖武天皇は考えていた。

どうしたら、当時の大国・中国に対して、日本文化が独自性を確立したことを示せるのか、と。

それはすなわち日本の国力を証明し、中国からの侵略から守ることにつながるのだ。


奈良の大仏の大きさ


たどりついたのは、奈良の大仏の大きさ

日本だって素晴らしい大仏やお寺を造れることが立証できれば、

「東夷」なんて差別的な呼び方を打ち払い、立派な国家として認められるはず。

聖武天皇の悲願だったのだよ、奈良の大仏の大きさは。


そんな背景によって奈良の大仏は前代未聞の大きさを要求された

天平時代には、5丈3尺5寸(16m)が奈良の大仏の大きさだったという記録がある。

これを完全に人の手作りで造った、という点に聖武天皇の強い心が顕れている


平安時代の855年、大地震によって奈良の大仏の頭部が落下、861年に修理完成。

1180年の平重衡の兵火、1567年の三好・松永の戦いで、それぞれ奈良の大仏は部分的に焼失している。


奈良の大仏の大きさ


現存の奈良の大仏の頭部は、江戸時代に造られたものだし、

体も脚も途中で修復されているから、正確な大きさは数字にできなく、幾つも数字が出る。

奈良の大仏殿は、創建当時には今の1.5倍もあったという。

江戸時代の大修理で巨木が手に入らず、正面の幅を30m縮小し再建されたとか。


数奇な運命を経て、現代も奈良公園に鎮座する東大寺の奈良の大仏の大きさは、

数字でも言葉でも表現しきれない、貴重な1,250年の軌跡

どこまでも続いて行く、永遠のリレーであって欲しいと願って止まない。