リニアモーターカー 名古屋駅








リニアモーターカーを加えて、名古屋駅は巨大化する、肥大化する、怪獣化する。

名古屋駅⇔品川駅をたった40分で移動できてしまうなんて、魔法使いみたいね。

名古屋市民にとって東京はちょっとした郊外の街、今でいう豊橋とか浜松とか高山とか。


よく聞く話、名古屋駅の地下奥深くにしかリニアモーターカー名古屋駅は作れないから

名古屋駅の地上についてから、結局リニアに乗るまで30分ぐらいは移動と待機に時間がかかる?

それを織り込んでも、「名古屋から東京まで40分」のインパクトは心理的に絶大な効果。


リニアモーターカー名古屋駅


問題は暗闇の中、ずっと寝ているにしては40分は短すぎる点。

大半を直線で結んでハイスピードを維持させようとするリニアモーターカー、山中のトンネルを走る。


新幹線で富士山の登場を待ちわびていたのも昔の話。

登りも下りも「E席」という窓側席を指定すれば新幹線が見えるよ・・・という通のお話も、

リニアモーターカーに変われば、そんな楽しみもなくなる。


なにしろ所要時間40分だ、車内販売が全車両を回る時間もないし、トイレだって本当に必要?

ある意味、味気ない移動になるよね、暗闇の中を進む超高速モグラ電車@暗闇。

40分だから寝過ごして次の駅まで行ってしまう人が続出!と思ったけど、

始発と終点は品川駅と名古屋駅で、その先はまだまだできそうにないから、寝過ごすことはないか・・・。