名古屋LCC








セントレアでLCCは就航本数を増やし、航空運賃を下げ、国内線の主役を勝ち取る。

東京・大阪に次ぐ「第3極」である名古屋のセントレアでこそ、このLCC改革は実現できる。

何故ってどうよ、成田空港や関西空港に就航したこれまでのLCCは、

大手航空会社の厚い壁に阻まれて、最大能力が発揮できていない。





ほら、セントレアなら、LCCが大手航空会社よりも優位なポジションに立てる可能性が高い。

日本のど真ん中に位置することを差し引いても、まだまだ飛行機移動が定着しておらず、

地方人口の多さを考えれば、LCCが就航することを契機にセントレアが勇躍する姿が見える。


近い将来、セントレアの国内線はLCCだらけになって、LCCの構造改革が起きているよ。

それはまるで、型破りな戦ぶりで天下を取った織田信長@名古屋の英雄のように。





東京・大阪圏内の空港ではできないことが、この名古屋圏内であればできる。

国際線と較べて、国内線が割高だった日本の航空運賃の常識を覆すのも時間の問題。

もっと安く、もっと気軽に楽しめる国内線の航空券は、セントレアでのLCCから始まる。


「LCC」「セントレア」がつくものならば、みんなこのサイトに集めてしまうよ。

ほとんどビジネス的に、時には感傷的に、書きつづってみせるさ、

LCCノブナガがセントレアで羽ばたいていく勇姿を。