コストコ岡崎








数字をにらめっこしていると、コストコ岡崎という答えに、私はいつも帰結していく。

コストコジャパンの経過腕は、コストコ守山の後、2023年までにもう3店舗ということ。

計画に変更はあろうが、3がゼロには考えにくいから、その次を期待するのも悪い策ではない。


人口161万人の西三河に、0店舗

人口 75万人の東三河に、1店舗(浜松)

人口515万人の尾張 に、2店舗(常滑、守山)

人口170万人の美濃 に、1店舗(岐阜羽島)





どうもすっきりしない。

西三河の人口は無視できる数字ではないのに、店舗数ゼロとは。

日本の全労働人口の2割は自動車産業関係に従事していて、その中心はやはり西三河の雄・トヨタ

交通渋滞で物流を乱すわけにはいかないという理由でコストコが西三河を避けてきたのは分かる。


西三河の中核都市は人口42万人の豊田市、人口38万人の岡崎市。

名の通り、真のお膝元は通り抜けるとしたら、コストコ岡崎の名はやはり実現性に富んでいる。

各所と調整の結果、現時点ではコストコ岡崎の名前は聞けるものになっていないが、

数字と理論だけで考えれば、考えるほど、コストコ岡崎は西三河の地で声を上げそうな気になる


夢追い人、私はコストコ岡崎という美しい霧を掴もうとする夢追い人なのだろうか。