鹿沼 コストコ







コストコ鹿沼のオープン日を待ちわびた栃木県民、とくに宇都宮の人たち。

北関東の最大都市・宇都宮にコストコがないなんておかしい!群馬・茨城にはあるのに!

その感情もありながら、宇都宮の食文化・餃子の店「ミヤミヤ餃子」を営む私は複雑だ。


コストコのように保存のきく食品を大量販売されては、客が奪われてしまうのではないか、と。

だから奇策を企てようとした私、それはコストコのお株を奪う「超大量冷凍ギョウザまとめ売り」

宇都宮餃子のハコ売りさ、それもダンボールサイズの箱売り。





その企画はインパクトがあってキャッチーな効果が予測できたけど、周りの餃子店と話して気が変わった。

何もコストコ鹿沼は敵じゃない、近所に住み着いてきた親しい隣人だ

お互いの共栄共存をはかって、宇都宮〜ミヤという町を盛り立てるのが究極の目的だったね。

多少カブるところはあれど、この宇都宮の餃子食文化を衰退させるものではない。


だからコストコ鹿沼に商品をおそすことを考えているんだ。

先のダンボール入り宇都宮餃子@冷凍バージョンを、コストコ鹿沼で売ろうじゃないか。

日本中、世界中にコストコは数あれど、この品質・サイズ・価格の餃子を売っているのはコストコ鹿沼しかない。

そんなキャッチフレーズで売り出すコストコ鹿沼に、各地からの注目が集まるだろう。


コストコ鹿沼限定商品・宇都宮餃子のダンボール売り

コストコと宇都宮の特性を掛け合わせたそんな商品はどうだい、美しい夢だろう?

いつまでもオープン日を心待ちにしているよ、コストコ鹿沼、そんな楽しい夢想でした。